広島お好み焼き通販サイト「おこ市」で働くおこ市くんのアツアツお好み焼きブログ!

お好み焼きの匂いは地域によって感じ方が違う

20年間広島のお好み焼きを食べて育った女子が、広島に引っ越して感じた文化の違い。
同じ日本で数百キロはなれているだけなのに、全然違うお好み焼きに驚きの連続です。
そんなお好み焼き文化をシェアさせてください!

広島と大阪ではお好み焼き屋さんの匂いが違う!

広島と大阪匂いが違う

ある日広島に久しぶりに帰省し、いつものお好み焼き屋さんへ行くと

「そうそう、この匂い〜〜♪」

とお好み焼きの懐かしい匂いに浸っている時に気づきました。
大阪と広島でお好み焼き屋さんによって匂いが全く違う!!

何が違うんだろう?広島風と関西風の違いかな?と色々考えました。
広島のお好み焼きはクレープ状の生地の上に盛りっ盛りのキャベツをのせて焼きます。
そしてひっくり返した時にキャベツの甘〜〜い匂いが店内に広がります。

一方関西風は、キャベツは始めから記事と混ぜて焼くため、
キャベツの甘い匂いが店内には広がりにくい。

今まで広島で意識したことはありませんでしたが、
広島のお好み焼き屋さんから香るあの甘い匂いの秘密はキャベツだったんだなと気づきました。

他の要素としては、使用しているソースからも甘い匂いを発信しているかもしれませんね。
両者の匂いで一番の違いといえば、焼き方とキャベツだなと思いました。

広島ブログ
↑押していただくと、明日からも頑張れます。。24才の僕を応援よろしくお願いたします。。
« 古い記事 |

最新の投稿

カテゴリ

アーカイブ